株式会社計測技研
トップページ計測部門コンクリート部門デジタル化事業部門企業情報 お問合せ













※プライバシーポリシーについて
☆堤体観測(堤体・監査廊)

フィルダムなどの盛土の変形量を測定装置設置

支柱、沈下板付クロスアーム、変位計で構成、支柱の最下部は基礎岩盤に固定して垂直に立上げそれに変位計の一端を固定し他端はクロスアームに接続して盛土材と共に移動するクロスアームの変位量を検出する原理を基に施工。


埋設計器・データロガー・外部スキャナーの点検

ダム完成後の埋設計器及び堤体観測装置の点検を実施しております。


鉄筋計設置

フィルダムの監査廊コンクリートにおける応力の発生状況、築堤における応力作用状況を間接的に把握する目的による施工。

継目計設置

フィルダムの監査廊の継ぎ目に大きな開口、ズレが生じた場合その直上の遮水材がこの変位に追隋しないとその部分の遮水性が確保されない恐れがあるため継目計設置を実施しております。

アーチ部・インバート部

側壁部

☆環境保全対策(ダム堤体・地山挙動管理/地下水調査)

変位計測(トータルステーション等 計測機器を活用)

モータードライブ型自動視準トータルステーションによるダム堤体・地山の3次元計測挙動観測の
企画提案〜施工〜管理〜報告まで豊富な実績を有しています。


↑クリックで拡大します。

↑クリックで拡大します。





☆補修

ダムに関する補修施工について、ご提案〜完工まで承ります。
構造物のタイプにより、経験豊富で熟練した職員が 工法や材料選定まで。
よりベストな方法で施工を実施いたします。



▲ ページのtopへ戻る ▲